スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンハン芝浜

2009年02月14日 21:28

えェ、お運びでありがたく御礼申し上げます。


ハンターには十人十色それぞれ個性がございますね。
使用する得物、同じ物を取ってもまた個性が出てきます。


ソロが上手な方、PT戦が上手な方、どちらも上手な方。
はたまたいずれとも逆な方がおられますが、
モンスターと全力で向き合うのが、えぇ、何よりの楽しみ方と存じます。


ただ、あれはいけませんね。
え、たまにフィールドの端っこに陣取って、いるのかも分からない方。
「自分が乙るのが嫌だ」なんてぇ言いますが、しくじったっていいんです。
しくじり結構、人間は隙があるほうが面白いんです。
・・・・・・しくじり過ぎもいけませんがね。


この所謂寄生という奴ですが、始めは自力で頑張ってても、
周りのおせっかい焼きG級ハンターさん方に、
キークエ消化で引き上げられ流れてしまう方もおられるようで・・・



「おいっ、今帰ぇったぞ。おいっ!」

「お帰りニャ旦那さん。何をそんなに喜んでるのかニャ?」

「ラオシャンロンの天鱗が手に入るんだよ、ラ・オ・天が!」

「さっき行ってきたのは集会所ババコンガだニャ?
 素材間違えてるんじゃないのかニャ?」

「ぁに言ってやんでぃ。これ見ろ、これ!天の山菜組チケットだよ!」

「・・・・・・旦那さんの、他のハンターとの友好の証と言いたいとこニャけど、
 旦那さん今回もいつもの装備で行ってたんかニャ?」

「おうよ!この早食い&剥ぎ取り名人装備に隙は無ぇな」

「・・・皆さん帰り際に何か言ってたかニャ?」

「粉塵サポどうもです^^ だとよ。いやー俺のサポートが光ったね、今回も」

「・・・旦那さん、それ・・・馬鹿にされてるニャ・・・」

「水を差してくれるねぃ、俺の華麗な早食い粉塵があったればこそ、
 誰も落ちずにすんだんじゃねえか。おぃっ、酒もってこい酒。
 粉塵飲み過ぎて喉が粉っぽくていけねえや。
 っかー!今日の黄金芋酒は一段と旨いねえっ」

「旦那さん、ちょっと飲みすぎじゃないかニャ」

「ぁに言ってゃん!先に胃に入ぇった酒が寂しい思いをしないように、
 二杯目三杯目があるんじゃねえか。
 狩りだって一人で行きゃあ寂しいだろうがえぇ・・・」



なんてんでこのハンター、天の山菜組みチケットが手に入った嬉しさからか
普段より泥酔し、酔眼朦朧として天チケをアイルーに渡たまま寝まして、



「っっかー、ちょっと飲みすぎたな。
 頭は雲緞、でも心は晴れやか、なんつってね。
 おい、昨日のあれ出してくれ」

「あれって、何のことかニャ?」

「とぼけてくれるねえ。昨日俺がギルドマネージャーから貰った
 天の山菜組チケットを見せただろうが」

「知らニャいニャ」

「・・・おい、しめえにゃア俺ぁしっぱたくぞ!えェ、何ォを言ってやんだ!」

「旦那さんまだ酔っ払ってるのかニャ?まだ夢の中にいるのかニャ?」

「・・・夢・・・?」

「ニャァ・・・そんな夢まで見るようになるなんて・・・情けないニャ・・・。
 欲しい欲しいと思ってるからそんな浅ましい夢まで見るんニャ!
 そんな物に本当に価値があるのかニャ!?
 旦那さん、始めの頃の狩りを思い出して欲しいニャ!
 苦労して、苦労して、頑張って倒したフルフルやティガレックス。
 ボクも一緒に頑張って、一緒に喜びを共にして、
 このご主人との狩猟生活は何て良いものかと思ったニャ!」

「・・・」

「あの頃の旦那さんの気持ちがあれば、ラオ天なんて時間の問題だニャ」

「・・・・・・。
 ・・・はぁ、すまねえ。オトモに説教されちゃあハンター失格だなぁ。
 俺ァやるよ。酒も止める、狩りもまた一人で出来るようになる。
 その証に・・・俺ィ一人でラオ天取ってくるよ」

「旦那さん・・・嬉しいニャ。きっとそう言ってくれると思ったニャ。
 だから、ちゃんと準備しておいたニャ」

「お前・・・クーネに火事場+2装備・・・こんなピカピカに磨いて・・・」

「行ってらっしゃいニャ」



と、集会所で仲間に呼ばれ心がぐらつきますも、
大事なオトモとの約束がありますから、流石に男を見せて一人で出向きまして、



「おいっ、帰ぇったよ!」

「お帰りニャ、旦那さん」

「ほれ見ろ、今度は正真正銘のラオ天鱗だぞ!
 ちゃんと一人で狩りにも行ったんだぜ!」

「やったニャ!集会所で皆さんの誘いを断ったのもマネージャーから聞いたニャ。
 旦那さん、ここからが旦那さんの新しい始まりニャね!
 でも・・・・・・今日限りで、ボクを解雇して欲しいニャ・・・」

「・・・?おぃおいおぃ、何をいきなり言うんだ?まだ俺に落ち度が・・・」

「その逆だニャ。ボクがオトモ失格なんだニャ」

「どういう・・・?」

「これを見て欲しいニャ」

「・・・お前ぇっ、これは天の山菜組・・・」

「旦那さんを立ち直らせるためとは言え、騙して、これを隠したボクに
 オトモアイルーの資格は無いニャ。だから・・・」

「・・・・・・。
 ・・・はぁ・・・冗談言っちゃいけねぇよ。お前ぇを解雇だ?
 したら俺ァハンター廃業だなぁ。
 天の山菜組チケットが一枚あったって、使ってしまえばそれこっきりだ。
 したらまた集会所で誰かに寄生して チケットを貰う、
 こうなっちまうん目に見えらぁな」

「・・・」

「今回俺ァな、ラオ天が出た時嬉しかったんだよ。ラオ天が、じゃない。
 自分の力で巨大な敵と戦って、剥ぎ取った素材。
 これぁただの素材じゃなくて、自分が戦った証なんだなぁ・・・。
 それを思い出せて俺ァ嬉しかったよ」

「・・・・・・」

「ありがとうよ」

「・・・だ、旦那さん、祝杯を挙げるニャ。とびっきりの黄金芋酒を用意したニャ!」

「お、いいのかい?」

「どうぞだニャ」


「・・・いや、止しとこう。俺ィ飲むの止めるよ」


「?どうしてニャ?」



「また、夢になるといけねぇ」


コメント

  1. はなこ | URL | -

    Re: モンハン芝浜

    なんだかクサ・・・良い話ですねぇ・・
    ラオ天なんか採れた事ないです。
    というか一番問題なのが、

    2年近く2と2Gを同じキャラで使い続けて、
    まだラオ討伐したことない。
    って事ですかね。

  2. TAP | URL | -

    >>はなこさん
    古典落語の人情噺「芝浜」です^^
    落語は古いというイメージの人も多いですが、面白いものですよ。

    ラオ討伐が無い・・・撃退なんですかね?
    武器とスキルさえ揃えてしまえば、何とかなります(`・ω・´)
    多分。

  3. 共産ゴリラ | URL | -

    こんばんは。

    おや・・・?

    TAPさんいつから噺家になったんですか?(笑)

    いやいや、しかし綺麗にまとまってますね。

    なんか落語を聞きたくなって来た・・・。

    それでは真打昇格目指して噺家修行頑張って下さいね。(←違

  4. カッピー | URL | .QMMK4wQ

    Re: モンハン芝浜

    自分は落語は聞かないので細かいことは多分分かってませんが面白かったですw
    というかTAPさんてネタが幅広い!しかもちゃんとモンハンに絡めているのが凄いw

    それにしても、ラオ…懐かしい響き!
    何故かP2Gではあんまりやってないんですよね。ドスから特に変更ないし飽きちゃったのかなぁ。

  5. TAP | URL | -

    >>共産ゴリラさん
    まとまって見えるのは志ん朝師匠の高座を参考にしたからですかね。
    こういうのなら結構出るんですよ。
    攻略とか書けないのにw

    噺家の真打目指s・・・違っ。
    ハンターとして真打になりたいとこですねー。

  6. TAP | URL | -

    >>カッピーさん
    落語面白いですよ!(`・ω・´)
    古典と言えども現代に通じますし、モンハンにも通じ・・・るかな?

    ラオは眠くなるからあまりやらないんじゃないですかね。
    最近ではクロオビXのために行っても物欲センサーが働いて、
    蒼大爪が出ずに天鱗が出るとか、もうねw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tap3mh.blog115.fc2.com/tb.php/49-ccda410c
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。