スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エポック・2

2009年12月19日 05:07

ファミコンが出て以降、積極的にアーケードゲームに触れる事は少なくなりました。
それでも他の子らよりは圧倒的に遊んでたと思いますけどねw


ファミコンは任天堂が出していたソフトがメインで、クルクルランドなどに見られるような、
一見ゲームセンターあらしでも登場しそうなゲームが数多く出ていました。
これらは自分たちにとっての新たなコミュニケーションツールで、
「一機やらせて」
「今日半ドンだから昼飯食って○○くん家に行こうぜー」
なんて会話をした事がある方も多いんじゃないでしょうか。
もう半ドンなんて聞かないけどねw


当時ファミコンは性能的にアーケードに劣る分、違う方向への変化を見せました。
『ドラゴンクエスト』に代表されるRPGの登場により、またアドベンチャーゲームや
シミュレーションゲームなどそれまで高価なパソコンでしか出来なかった物が
遊べるようになった事により、"ファミ"コンはパーソナルな物へと変化し始めました。
1本のソフトと空間を共有する時代から、個人のデータを持つ時代へと変わったのが
この辺ではないかなあと思います。


アーケードゲームもより世界観や個人のプレイを技術を求める方向を強めました。
メーカーは自分たちが作るゲームの世界観を明確にし、細かい作り込みにより遊び方を提示し、
ユーザーはそれに応えて全面クリアやハイスコアを狙うようになってきました。


上手い人がグラディウスプレイをしてる時って、置きコイン出来ないオーラが漂ってるんですよねw
あ、『置きコイン』というのは「次は自分の番ですよ」という意思表示のために、
筐体の端っこにコインを置いておく行為の事です。
今じゃこれも全く見られなくなりましたけどねw
グループで回したい時はダミーで大量に積んでおいて「順番待っても時間かかりますよ」と
他の人に諦めさせる『見せコイン』なんてのもやってましたw


そしてこういった時代より暫くの後、あのゲームがアーケードに登場します。
『ストリートファイター2』


出た当初はまだ敵を倒してクリアを目指す1対1のストーリーアクションゲームでしたが、
対戦台というスタイルの提案はゲーム自体だけでなく、ロケーションそのものにも
変化を与えました。


スト2のヒットはロケーションに多くの人を呼び、それに呼応するかのように各社はこぞって
新しい対戦ゲーム、新しいシューティング、パズル、アクションなどをリリースします。
ゲームセンターはこれ以降黄金期を迎え、UFOキャッチャーやプリクラの登場もあり、
様々な人を呼び込む事になります。


湯屋、床屋が昔憩いの場やサロンであったように、情報が集い発信の場所だったのが
ゲームセンターのひとつの顔であったと思います。
大げさな書き方をしてるなと思いでしょうが、ケロロ軍曹の作者もキングゲイナーのキャラデザも
もともとはゲーム雑誌に投稿したりアーケードゲームに衝撃を受け今に至ったと言っています。
スト2のムックとか見ると、今一線で活躍してる人の古い絵を見れたりするんですよw


ゲームセンターにはコミュニケーションノートや攻略ノートが置いてある所もあり、
まだインターネットが一般家庭に普及していない時代、皆これを使って交流していました。
今お絵かきBBSやpixiv、2ちゃん、攻略サイトなどと言われる物が、アナログな手段ですが
ゲームセンターに存在した事は紛れもない事実でしょう。
ゲームをやりにくる人以外にも、ノートの書き込みを見に来る人、イラストを描きに来る、
イラストを貼りに来るなど当時はるつぼでしたね。
まだ草の根BBS、ニフティサーブなんて聞こえてた時代は隠しコマンドを持って来るだけで
ヒーロー扱いでしたよw
自分は隠しコマンドを教えてもらう側でしたが( ^ω^)クレクレちゃん


しかしインターネットの普及は人々をアーケードから遠ざけます。
またそれ以前にもアーケードゲームは難易度の上昇、システムの複雑化、
前作を遊んでいないと入り込めない続編などメーカーの先鋭化により徐々に徐々に
人々は離れて行き、そしてインターネットがそれに拍車をかけます。


今までゲームセンターに行かないと交流がなかった人は掲示板やチャット、メールなど。
イラスト目当ての人はお絵かきBBSや個人のイラストサイト。
実際にゲームを見なくても最新の技術や情報は攻略サイトに情報が集積し、
ここにアーケードロケーションのトータルサロンとしての役割は終焉を迎えました。
今は各種タイトルごとのコミュニティーサロンとなっているようですね。


人々の交流はアナログな場所でデジタルを介したものではなく、
デジタルな場所でアナログの交流を求めるようになって行きます。
ブログを運営されてる方もデジタルな手段を持って、アナログな交流をされている実感を
持っておられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
デジタルが便利になればなるほど人との交流は少なく済むようになりますが、
でも結局アナログな交流を欲するんですよね。


そしてモンスターハンターP2Gが発売。
自分もこれに出会い、そして今に至ります。


(続く)


コメント

  1. 竹蔵 | URL | -

    Re: エポック・2

    こんにちは、更新お疲れ様です(^^

    へぇー スト2はそんな時代だったんだ

    「置きコイン」というか「置かれコイン」で泪目~
    は経験しましたがね

    やはり同じ経験を共有するというのは人にとって
    楽しくてたまらないのかも しれませんね

  2. 丼$魔 | URL | mQop/nM.

    懐かしい…。スト2ムックとか久しぶりに耳にしましたw
    リュウのイラストに板垣恵介を起用していた辺り、確かに当時のメストスタッフには先見性がありましたよね。
    あと、鋼の錬金術師の荒川先生もメスト常連だったんですよ、ってTAPさんならご存知でしょうけど…。

  3. LUNA | URL | zzclU.7w

    Re: エポック・2

    置きコインは懐かしいですね^^
    私がこれをするようになったのはやはりスト2の頃からだったと思います。

    そしてコミュニケーションノートもありましたねw
    私はノートに書いたりはしていませんでしたが、
    隠しキャラの使用コマンドなどは
    ちゃっかり使わせてもらっていた覚えがあります^^;

    ムックも懐かしいですな(*´ω`*)
    ストZEROシリーズやヴァンパイアシリーズのは特に愛用してました♪
    掲載されているイラストなども好きでしたが、
    個人的には巻末のほうに載っている
    各キャラの連続技のところが好きでした^^
    あれを実戦で使おうと、練習したのはいい思い出です。

    と、話が長くなりそうなのでこのへんで失礼します^^;

  4. TAP | URL | -

    >>竹蔵さん

    置きコインしても誰も盗って行かなかった時代、
    昭和の空気がさせた業でしょうかねえ。
    ゲーセンからも少なからずルールやモラルなどを学んだ気がします。

    スト2の時代以降はそういった景色が無くなってしまいましたが、
    だからと言って今が劣ってるわけじゃなく、
    ゲームや人との関わりの在り様が変化しただけでしょうね。

    そういやテーブル筐体って今の台よりもスペースを使うんですよね。
    画面ちっこいのにw

  5. TAP | URL | -

    >>丼$魔さん

    いや、荒川さんの事は存じませんでしたw

    ダッシュのムックですね。
    板垣先生はバイソンも描いてましたが、これが非常に合うこと。
    あれは当時衝撃過ぎましたw

    メストスタッフの中にはそういった臭いに敏感な人がいたんでしょうね。
    初音ミクのKEIさんもメスト投稿してましたしねえ。

  6. TAP | URL | -

    >>LUNAさん

    格闘ゲーム以外でもSTGやアクションゲームで
    皆で情報を持ち寄ってノートに書いて、攻略してた懐かしい記憶がw

    そういったノートがあったおかげで、
    ゲーセンの仲間が多く出来たんだと思いますね。
    ゲームの内容だけじゃなく、マンガ、アニメ、チラ裏まで雑多でした。
    アナログ時代の遺産ですわー。

    攻略ならALL ABOUTシリーズが優秀ですけど、
    それでも投稿記事など含めてメストムックは好きでしたね。
    なんと言うか、ゆるい空気があるのが良かったのかなあと。

  7. みんなの出会い | URL | UzsS.eyA

    Re: エポック・2

    明けましておめでとうございます。
    楽しいブログを読ませていただきありがとうございます。
    これからも更新頑張ってください。

  8. TAP | URL | -

    >>みんなの出会いさん

    あけましておめでとうございます。

    どうもありがとうございます。
    駄文を重ねているだけですが、そう言って頂けると嬉しいですね。

    まちまちな更新になる事もありますが、よろしくお願い致します。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tap3mh.blog115.fc2.com/tb.php/260-aa1bcae3
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。