スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エポック・1

2009年12月14日 18:56

今でこそ郊外の大型SCが目立つ時代ですが、まだ10年ほど前までは街中にも小規模の
ゲームセンターと言われるロケーションが多く存在していました。


その昔20年前、更に30年前は駄菓子屋の軒先、デパートの屋上にゲームコーナーと呼ばれる
ロケーションが山と存在した時代であり、子供はこぞって大人も混じって興じていました。
今のゲームセンターにあるような専用筐体ではなく(専用筐体はエレメカと呼ばれる物が主流)、
汎用筐体も今の対戦ゲームで使われるような物ではなく、テーブル台と呼ばれる筐体が
主流の時代でした。


その当時のゲームと言えば古くはインベーダー、ギャラクシアン、ムーンクレスタなどの
ゲームセンターあらしでお馴染みのゲームがメインであり、いかに1コインで長く遊べるか、
どうやってハイスコアを出すかに腐心していました。


本当にね、今見るとしょぼいんですよw
画面も白黒で、音もピコピコ、ヒュ~、ボーン、ウィンウィンとかそんぐらい。
でも当時はそれでも楽しいんですよ。
友人と名古屋撃ちってのがあるらしいぞと挑戦して結局再下段で撃ち切れなくなったりしても、
みんなで一つのゲームを囲んでワイワイ遊ぶのが本当に楽しかったんですよね。
自分達という世界の中で、そのゲームを以って遊んでいた時代でした。


そしてゼビウスが登場し世界観というものが提案され(これがゲームセンターあらしが終わった理由)、
ドルアーガの塔など謎解きや設定などが重要なファクターとなる時代、自分達の世界で遊んでいても、
そこにゲームの世界観が入り込んでくる時代になりました。


どういう事かと言うと、インベーダーであらしが必殺技を使って「一撃でクリアー!」しても
それが許された時代からの変化。
今抜刀の一撃でレウスが沈んだら「チート乙」でしょw
それはゲームの世界として不自然だからです。
インベーダーの時代は何かスゲエことが出来るとか、そういった物が入る余地があったんですね。
今のゲームじゃファミコンロッキーだって入り込めませんし。
「うおおおおっ!50連打!」「すげえ、双剣の乱舞がいつまでも止まらないっ!」
チート乙。


その時一つの時代が終わりました。
そしてマリオやゼルダが登場し、遊ぶのは確かに自分達であれ、その世界の中で冒険をするという
時代が始まったんだと思います。


(続く)


コメント

  1. 竹蔵 | URL | -

    はじめまして

    はじめまして竹蔵と申します。

    うはwwww
    世代的にド真ん中の私が
    ちょっと前を通りますよ

    懐かしいですね あの頃
    インベーダーの筐体にカラーフィルムで
    カラーのインベーダーだっ!
    って喜んでましたね

    私もちょうどスペランカーを記事にしてて
    懐かしんでいたところです

    つづきをとても楽しみにしています

    では(´・ω・`)ノシ

  2. TAP | URL | -

    >>竹蔵さん

    はじめまして、ようこそいらっしゃいませ。

    自分もカラーフィルムインベーダーは体験しましたよ。
    当時はあれでも凄く格好良く見えましたねえw

    スペランカーはFC版をめっちゃ遊びましたね。
    以前PS3で出たみんなでスペランカーも遊びましたが、
    思い出補正もあってFC版がダントツです。
    アーケード版は難しすぎて挫折しましたw

    またお立ちより下さると幸いです。
    よしなに( ´∀`)

  3. オトト少尉 | URL | RHWwpIRk

    お久しぶりです。懐かしすぎるので思わずカキコします。
    当時は喫茶店や銭湯、はたまた街の片隅のプレハブやしょぼいスーパーの片隅にまでテーブル台がありましたね。
    スティックを高速で左右にガチャガチャすると自機が消えて無敵になるという炎のコマ…あれを必死にやって50円玉を何枚も無駄にしたのはよい思い出。
    漫画と現実の区別がつかないお馬鹿さんでした。そして現在もそのままお馬鹿ですorz

  4. 通り菅氏 | URL | sSHoJftA

    Re: エポック・1

    > 「うおおおおっ!50連打!」「すげえ、双剣の乱舞がいつまでも止まらないっ!」
    > チート乙。

    これ吹き出しましたw
    そういえば、昔はゲームプレイ自体が漫画になってたんですね。

  5. TAP | URL | -

    >>オトト少尉さん

    どうもお久し振りです。

    そうそうwプレハブで急ごしらえした所なんかもありましたねw
    「おい、結構儲かるぞ」なんて言われて作ったんでしょうね。
    スーパーの片隅にはガキが屯してましたが、自分もその一人でした。

    あの時代はまだ整理されていない混沌とした、
    ただどこか心地よい感じがあって好きですねえ。
    自分たちはそういった歴史の目撃者だと思うんですよw

  6. TAP | URL | -

    >>通り菅氏さん

    コロコロコミックやコミックボンボンを始め、
    様々な漫画雑誌がゲーム漫画を掲載していましたが、
    それが花開いたのはやはりファミコン以降でしょうか。

    インベーダーの時代からアーケードをあそこまで
    フィーチャーしたのは、あらしだけだと思います。

    ファミコンロッキーごっこで連打してもゲームになりませんでしたw
    いちどはあの大型コントローラーでプレイしてみたかったですね。
    プレイし難いのは確定的に明らか!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tap3mh.blog115.fc2.com/tb.php/259-78b8e390
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。