スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【弓】ヤンデレ【1】

2009年02月28日 21:11

Y (弓が)
A (あれば)
N (何でも)
D (出来る)
R (リターンズ)

Y・A・N・D・R、『ヤンデレ講座』第一回です。
(以下主観に基づいて構成されます)




~クリティカル距離の重要性~


まず弓で最も大切な事はクリティカル距離の把握です。
弓はボウガンと同じようにヒット時の距離によってダメージが変化しますが、
『中~大(クリティカル)~中~小~極小』
というように着矢までの飛距離によって変化していきます。


中で1.0倍
大で1.5倍


この差をどうとらえるか。
「距離を考えながら1.5倍で2本撃つのと、
 1.0倍を素早い手数で3本撃つのでは変わらないんじゃないの?」
と思うかもしれませんが、

『タメ時間の間に1.5倍の位置に移動出来ること』
『強撃ビンは有限であること』


を考えると最優先事項はクリティカル距離の把握になってきます。
※(弓のタメ3も重要項目ですが、タメ2は弓の仕様や状況によって使う)
※(ここでは連射弓、拡散弓について。貫通矢はまた考え方が変わる)




~クリティカル距離をどうやって把握するか~


まずタメ3が連射矢の弓を担ぎます。
無属性なら何でもいいです。
ハンターボウ1でなくてもいいんです。
殲滅と破壊の剛弓2でもユミ【凶】でもウイングボウ5でもいいんです。
担いだら村☆3のクック先生に会いに行きましょう。


右上の3番でクック先生が降りてくるのを待ちます。
待つ間にアプトノスは倒さないように。
あんな柴犬みたいなつぶらな目のアプトノスたんを倒すとか、
「テメエの血は何色だーっ!」
で、クック先生が降りてきたら倒します。
この時はどこに当ててもおk。


倒し終わったら剥ぎ取りをせず、クックの頭の上に立って下さい。
そこから外側へ2回前転。
その位置からRを使いクックの頭を狙って撃てば・・・
『クリティカル距離の大きいヒットエフェクト』
が出ます。
1分間ひたすら撃ってそのエフェクトの大きさを覚えて下さい。
この時は必ず連射矢になるタメ3を使い、3まで溜めるクセをつけておきましょう。


覚えましたか?
ではもう一度クック先生に会いに行きます。


今度はクリティカル距離を意識し、タメ3の連射矢で、
ヒットエフェクトの大きさを確認しながら撃って下さい。
エフェクトがさっきよりも小さければ前後に動いて調整します。
討伐時間や部位は気にせずに、ただ距離だけを気にして、
確実にクリティカルサイズが出るように撃って下さい。


8割以上クリティカルサイズが出ればまずはおk。
それ以下の場合は再度クック先生の死体に鞭打って(酷)、
距離の把握に努めて下さい。


掲示板の弓スレでは
『ハンターボウ1を担いで村☆3のクックを5分以内』
という指標があるようですが、それはクリティカル距離を把握してから。


まずはここから始めてみてはいかがでしょうか。
次回はタメ撃ちについて、です。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。